--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2006.01.17

阪神大震災から11年

おととしは、「1.17灯りの集いの集い」に参加していました。

10年目の節目に当たる去年、当日は「豆腐祭り」なるものをやっていました。

当時の日記は…ってリンクしようと思ったのですが、うまくいかないのでぷろふぃ~るからとんでください。見たい日付を入力すると、その日の日記を見ることができます。


11年目の今年、世間では耐震構造に注目と関心が集まっています。
何の因果でしょうね。

今日はヒューザーの小嶋社長が証人喚問で証言拒否しまくりだし。
あんなんで解決に向かうのでしょうかね?


阪神大震災の後、国や自治体は自然災害による住居損壊等への補助は行わない方針だったと聞きます。
倒壊した住居の建て直しや引越しは個人の責任であり、建て直された住居へ入居するお金がなくて困っている人も未だにいるといいます。

新潟の震災もそうですが、震災で家を失った人たちへの補償はしっかりしていないのに、今回の耐震構造偽装に関しては補償を国が行うのですね。

別に、補償がどうのと言う気はないですが、(つーか、あるにこしたことはないだろうし)震災にあった人の中には今回の国の対応と自分たちへの対応の違いに愕然としている、というか、不満を抱いている人もいるようですね。

人的な災害は起こさないように、自然災害には対策を万全に、起きてしまったことからは教訓を学び取らないと意味はないし、忘れてしまっても意味はない、と思うしだいなのです。





この記事へのトラックバックURL
http://shin0blog.blog118.fc2.com/tb.php/64-7f6ffea6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。