--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2007.03.14

携帯で本を読む習慣。

最近は「携帯で小説を読む」という形が読書の一つの形となっているらしい。

ちょっと前まではは「最近の若者は活字を読まない」とか言われてたけど、携帯小説の普及や携帯小説を書籍したものの売れ行きを見ると、みんな結構活字を読んでるんだなぁ、なんて思った。


Yoshiの「Deep Love」シリーズは、私も全部読んだなぁ。
携帯じゃなくて書籍化されたものを、だったけど。

携帯で小説を読むということはどんなメリットがあるんだろう?

いつでも読める?
いつも持ち歩いている携帯で読めるから、荷物にならない?
本を買うよりも手軽?
作者との距離が近い感じがする?


後は携帯小説という形式をとることによってお金のかかる「書籍化」という形式よりもずっといろんな人が文章を発信することができるんだろう。


携帯に様々な機能が加わり、ますます手放せないものになっていくだろうこれから先、ケータイ小説は本のひとつのジャンルとなってくんだろうな。


ケータイ小説を元にした書籍。もっともっといっぱいあるけど、とりあえず有名どころ?(私の中で)





あ、でも、逆にブログ発で書籍化されている本もたくさんあるんだよね。
ネットの世界と本の世界と、相互交換が盛んだなぁ。
最近は人気が出ると結構簡単に書籍化するよねー。
一般人でも本を出せる時代…なのかな。


ブログを書籍化したものの中で、私が一番好きな本。ブログはずっと読んでて、本は一気に立ち読みしちゃった。(買えよ)






この記事へのトラックバックURL
http://shin0blog.blog118.fc2.com/tb.php/174-eb15c03f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。