--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2006.06.10

飴と鞭の間違った使い方。

今日は、さすがにやるせない気分になりました。


ボクは塾で働きはじめてから約3ヶ月です。
やることなすこと、はじめてやることばかりです。

でも、「やったことないからできません」なんて通用しないことはわかってます。

だからこそ、手探りとはいえ最善と思われることを最大限の努力の元で行っているつもりです。


一度はそれをほめたのに、
自分のまねしてやっていたのに、

他の上司から「それって必要ないんじゃ?」といわれた途端「やっぱり必要ないと思う」ってなんですか?


先輩方のほうが当然勤務時間も長く、経験もあります。

ボクがしたことが間違っていたり、配慮が足らないことがあったのなら、いくらでも直しますし、受け入れます。
この塾にとってそぐわないことなのであれば、矯正しますよ。


でも、でもですよ?
さすがにその態度は納得いきませんよ。

うちらにもいい顔してほめておいて、上司から言われた途端に「やっぱいらない」って、なんか気分悪いんです。

中間管理職が大変なのはわかりますけど、そういう態度が他の人に与える印象の悪さに気づいていないんですか?





責任を求めるのであれば、信用して任せてください。

信用できないのであれば、任せないでください。


任せられたぶんボクらもいろいろ考えて動いてます。

それなのにいつの間にか報告もなしに動いているなんて。。。
生徒にとっても二重に物事聞かれたりするのは気分よくないと思うんですけど。



なんか、自分が何をやるのが最善なのかわかりません。

言われたことだけやってればいいんですか?





この記事へのトラックバックURL
http://shin0blog.blog118.fc2.com/tb.php/118-e19a428f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。