--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






2009.06.19

臓器移植法案衆院通過

臓器移植法案、年齢制限撤廃と言うことで衆院通過しましたね。

赤ちゃんでも臓器提供者になれる。

つまり、移植でしか助からないとされる赤ちゃんでも、

日本国内で移植手術を受けられる可能性ができる。

参院でどうなるのかは分かりませんけど、

この法案が決まるとどんな場合でも「脳死は人の死」として定められることになるのですね。



移植を待っている人にとってはすごい進歩で、切実な願いなんだろうと思います。

日本で許可されていないからって海外渡航して移植手術を受ける子供、

って、なんか違和感がありましたもん。

移植を受け入れていた海外の病院でも、他国からの移植患者を受け入れない方向で進んでるし。



でも、実際に自分の大切な人が「脳死」になったとき、

それを「死」として認められるかなぁ、私。

目を覚まさない、動かない。

でも呼吸はしてるし心臓も動いてる。



どうせもう使わないものなら、誰かの役に立てば嬉しい。

理屈ではそう思っていても、実際にその場でそんな判断できるのかな。



逆に自分の子どもが移植でしか助からないのなら、

どうにかして誰かに提供してもらいたいと思うんだろうな・・・

でも、人が死ぬのを待つみたいだな・・・って思いも無きにしも非ず。。。



今はどちらの立場も現実ではないから、

実際にどう考えてどう動くのかなんて分からないけど、

いろんな意味で興味深い法案だと思うのです。






この記事へのトラックバックURL
http://shin0blog.blog118.fc2.com/tb.php/1164-4ebd9a93
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2009.06.19 18:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。